ディプロマ?ポリシ`DP
僥了娩嚥の圭(僥何)

 云僥は、(1)秀僥の娼舞および縮圄尖廷?縮圄朕議にtり、グロ`バル芙氏のk婢に廚任る繁可としてもつべき仝岑R?尖盾々仝房深?登僅々仝v伉?吭圀々仝B業?ツ鼻后玄篠?燕F々の5つの児A薦を俐誼し、(2)僥tに協める侭協の怱I勣周を困燭靴腎澆法僥平の僥了を娩嚥します。

斌僥何

    斌僥何は、畠僥DPで幣す5つの児A薦を俐誼し、僥tの協める怱I勣周を困燭掘肝の嬬薦を俐誼した宀に僥平の僥了を娩嚥します。
    _斌僥親ヽ済平斌僥

  1. 1.嫌レい縮Bを児Pにビジネスにする謹な岑Rと室gを嗤する。
  2. 2.俐誼した岑Rと室gを児Aとして、忽坪翌で婢_するビジネス芙氏で試SするためのT來とg樹薦?鮄蛋Δ鰉个垢襦
  3. _U嗔Э董械済平┰U嗔В

  4. 1.嫌レい縮Bを児Pにビジネスにする謹な岑Rと室gを嗤する。
  5. 2.俐誼した岑Rと室gを児Aとして、識堀な芙氏篁への魞Δ鬚發繊▲咼献優構Mの\喘を毅う薦を嗤する。
Ug僥何

    Ug僥何Ug僥親は、畠僥DPで幣す5つの児A薦を俐誼し、僥tに協める侭協の怱I勣周を困燭掘∀帯の嬬薦を俐誼した宀に僥平┰Ug僥の僥了を娩嚥します。

  1. 1.Ug芙氏のさまざまなFで、Ug僥の岑R?尖盾を鮄辰掘⊂t栽議な房深薦?登僅薦を試喘して試Sのをいだすことができる。
  2. 2.FgのT}をUg僥の僥俐から誼たT蛍勸の蛍裂薦を試喘して盾Qすることができる。
  3. 3.恷mな藺圓簽貨を羨宛することができる。
冱Zコミュニケ`ション僥何

    冱Zコミュニケ`ション僥何哂Zコミュニケ`ション僥親は、畠僥DPで幣す5つ児A薦を俐誼し、僥tに協める侭協の怱I勣周を困燭掘參和の嬬薦を嗤する僥伏に、僥平冱Zコミュニケ`ション僥の僥了を娩嚥します。

  1. 1.芙氏の?な蛍勸において聞える哂Z嬬薦を嗤する。
  2. 2.忽H芙氏の謹な中で宥喘するm俳なコミュニケ`ション嬬薦を嗤する。
  3. 3.翌忽の冱Zの嘘尚にある猟晒やs雰、猟僥などについても児A議な岑Rを嗤する。
忽HvS僥何

    忽HvS僥何は、畠僥DPで幣す5つの児A薦を俐誼し、僥tの協める怱I勣周を困燭掘嫌レい蛍勸の僥俐を児Aに、忽HvS僥または忽Hメディア僥を悶狼議に尖盾し、T議岑を附につけた參和の嬬薦を嗤する僥伏に僥平の僥了を娩嚥します。

    _忽HvS僥親ヽ済平┨HvS僥

  1. 忽H芙氏の謹なモQや深え圭を尖盾し忽H議}を盾Qするg樹薦を嗤する。
  2.   

    _忽Hメディア僥親ヽ済平┨Hメディア僥

  3. 忽H芙氏におけるメディアの叨護を尖盾し秤麒椣k佚についてのg樹薦を嗤する。
  4.  
繁g芙氏僥何

    繁g芙氏僥何は、畠僥DPで幣す5つの児A薦を俐誼し、僥tの協める怱I勣周を困燭掘肝の嬬薦を俐誼した宀に僥平の僥了を娩嚥します。

  1. 1.巷繅弔笋─∨修燭舛伏試する芙氏における繁と繁とのvわりを冥梢できる。
  2. 2.嫌レい岑RやT議嬬薦をもって、繁?の侑せのために廚任る。

    _牽跋伉尖僥親ヽ済平┯l輟沈輛В

  3. 牽跋や伉尖僥を宥じて麿宀との慌伏やこころのしくみを尖盾し、スペシャリストとして試Sできる。
  4. _繁gスポ`ツ僥親ヽ済平繁gスポ`ツ僥

  5. スポ`ツの泣から伉附のvSを尖盾し、レく芙氏に廚任る峺д澆籌г宀としての嬬薦や室gを嗤する。
  6. _スポ`ツ親僥親ヽ済平┘好櫞`ツ親僥

  7. スポ`ツを繁gT親僥の泣から尖盾し、スポ`ツ順を嶄伉にさまざまな蛍勸に廚任る峺д澆籌г宀としての嬬薦や室gを嗤する。
匳宗慎僥何

    匳宗慎僥何は、畠僥ディプロマ?ポリシ`(DP)で幣す5つの児A薦を俐誼し、僥tの協める怱I勣周を困燭掘肝の嬬薦を俐誼した宀に僥平の僥了を娩嚥します。

  1. 1.伏凋にする侮い尖盾や繁悗臨靫悗忙づく互い尖Qを嗤する。
  2. 2.麿宀を房いやるNかな繁g來と嫌レい縮Bを附につけ、謹なモQや深え圭を尖盾できる。
  3. 3.繁の宗慎を屶址するための匳?宗慎親僥にvする嫌レいT議岑Rや室gを嗤する。
  4. 4.芙氏へのv伉と}吭Rを隔ち、麿宀とB亊しながら麼悶議にn}盾Qできる。
  5. 5.匳?宗慎蛍勸で芙氏に廚垢戮い販湖のもと徭失冩ができる。

  6. _尖僥隈僥親ヽ済平(尖僥隈僥)

  7. 1.措挫な繁gvSをBする貧で駅勣なコミュニケ`ション嬬薦を嗤し、繁?にして房いやりをもって俊することができる。
  8. 2.尖僥隈平に箔められる互い尖Qと祇繐Qを笋┐討い襦
  9. 3.尖僥隈を駅勣としている繁?を伏試宀の泣で畠繁議に尖盾することができる。
  10. 4.尖僥隈にvする嫌レい岑R?室gを嗤しており、光TとB亊しながら親僥議功に児づく尖僥隈をg樹することができる。
  11. 5.尖僥隈vBのT親僥のk婢や尖僥隈平に箔められる叨護や岑R?室gの篁に鬉掘伏冂にわたり僥びAけることができる。
  12. 6.R寛尖僥隈、スポ`ツ尖僥隈、嚠契尖僥隈のいずれかの蛍勸にvして、よりT來の互い岑R?室gを嗤し、光蛍勸の尖僥隈に廚垢襪海箸できる。